本文へスキップ

広島冷麺・広島つけ麺専門店「冷めん家」

お問い合わせ TEL.082-291-0004

〒730-0805 広島市中区十日市町2-9-22

冷めん家について about us

広島冷麺(広島つけ麺)を知っていますか?
広島には戦後しばらくして食べられている独特な冷麺があります。



冷めん家について

店内イメージ

1度2度3度回を重ねるたびに病みつきになる、広島冷麺(広島つけ麺)の専門店です。
冷めん家は当時知る人ぞ知る広島冷麺の元祖で修業し、1985年4月開店。広島冷麺を提供するお店として2番目に出来ました。冷麺が広島つけ麺と呼ばれる前より専門店として営業しています。
3月から10月までの季節メニューだった冷麺を、1年中食べることの出来るお店にしたのは冷めん家です。
2017年10月には大手町店をオープンいたしました。

冷めん家のラー油はストレートに辛いです。初めてご来店いただくお客様は、辛さ控えめでお出ししております。 小さなお子様や辛いのが苦手な方はラー油を入れないでお召し上がりいただけます。


冷麺へのこだわり

料理イメージ

冷めん家の朝はスープ作りから始まります。同時にチャーシュウ、朝仕入れた野菜を切ったりと、11時開店前には準備が整うように仕込みをしています。

仕入れる野菜は産地を限定せず、その時期にあった良いものを仕入れています。産地を指定しない事で、出来るだけ同じ状態の新鮮な野菜を仕入れる事ができます。

たれは化学調味料・添加物等使用していません。
麺は指定の製麺所より冷麺特注の麺を作っていただいております。

冷めん家の割りばしは国産、奈良県吉野のお箸を使っています。


広島冷麺・広島つけ麺とは

食材イメージ

広島冷麺(広島つけ麺)はゆでた中華麺を冷やし、キュウリ・茹でキャベツ・白髪風ねぎと脂身を取った叉焼を乗せ、ごま・ラー油を入れた醤油ベースの冷たいたれにつけて食べます。

もともと中区八丁堀にあった中華料理店新華園で、3月から10月までの季節メニューとして冷麺が提供されていました。その後元祖系列以外のお店が冷麺と言わず、つけ麺と呼んだのが一般的に知られる事となりました。呼び方は違いますが同じものです。




 ◆冷めん家 十日市町店◆
 〒730-0805
 広島市中区十日市町2-9-22
 TEL 082-291-0004
 open 11:00−14:00
     17:00−19:00
    ラストオーダー10分前
 close:日曜・祝祭日
 


 ◆冷めん家 大手町店◆
 〒730-0051
 広島市中区大手町2-4-6-1F
 TEL 082-248-7600
 open 11:00−14:00
     18:00−21:00
    ラストオーダー10分前
 close:日曜・祝祭日
   

newpage1.htmlへのリンク