本文へスキップ

広島冷麺・広島つけ麺専門店「冷めん家」

お問い合わせ TEL.082-291-0004

〒730-0805 広島市中区十日市町2-9-22

冷めん家について about us

冷めん家について

店内イメージ

メニューは広島冷麺・広島つけ麺のみの専門店です。
当時知る人ぞ知る広島冷麺の元祖で修業し、1985年開店。広島冷麺を提供するお店として2番目に出来ました(1985年開店当時は新華園 十日市、1999年に独立し冷めん家としました)
最近では広島つけ麺と呼ばれることが多い冷麺ですが、冷めん家は広島つけ麺と呼ばれる以前より専門店として営業しています。
また彼岸から彼岸までの季節メニューだった冷麺を、1年中食べることのできるお店としたのは冷めん家が最初です。

広島冷麺・広島つけ麺については下記を参考にして下さい。


定休日

2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
が定休日です。13日〜17日までお休みになります。
2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
が定休日です。

冷麺へのこだわり

料理イメージ

冷めん家の朝は4時台のスープ作りから始まります。同時にチャーシュウ、朝仕入れた野菜を切ったりと、11時開店前には準備が整うように仕込みをしています。

仕入れる野菜は産地を限定せず、その時期にあった良いものを仕入れています。産地を指定しない事で出来るだけ同じ状態の新鮮な野菜を仕入れる事ができます。

たれは化学調味料・添加物等使用していません。ここにラー油を入れることで辛さは出ますが、その辛さの中の甘さを感じることができます。
麺は指定の製麺所より冷麺特注の麺を作っていただいております。

冷めん家で初めて食べたときは辛いという印象しか残らないかもしれません。しかし辛さを思い出して食べたくなって再来店いただくと、最初の辛さは感じないかもしれません。また小さなお子様でもラー油を入れないでお召し上がりいただけます。
1度目、2度目、3度目と回を重ねるたびに美味しさが分かり病みつきになると言われます。

冷めん家のラー油は他のお店に比べるとストレートに辛いです。初めてご来店いただくお客様は普通でお出ししております。それは入れすぎると辛さしか感じずタレ本来の味を損ねるためです。辛さがたらない場合、ラー油は追加できますのでスタッフまでお声かけください。


広島冷麺・広島つけ麺とは

食材イメージ

広島冷麺・広島つけ麺はゆでた中華麺にキュウリ・茹でキャベツ・白髪風ねぎと脂身を取ったチャーシュウの乗せそれを、ごま・ラー油を入れた醤油ベースのたれにつけて食べます。
関東の暖かいたれにつけて食べるつけ麺とは違い、広島風はゆでた麺を洗い、冷たいたれにつけて食べます。

もともと3月から10月までの限定メニューだったため冷麺と呼んでいましたが、元祖新華園系列以外のお店が始めたとき、つけ麺と呼んだのが一般的に知られる事となりました。呼び方は違いますが同じものです。



shop info.店舗情報

冷めん家

〒730-0805
広島市中区十日市町2-9-22
TEL 082-291-0004
FAX 082-291-0004

定休日:日曜・祝祭日
営業時間 am11:00−pm2:00
     pm5:00−pm7:00
     ラストオーダー10分前
 売り切れの場合早めに終了します